阪神タイガース観戦記

このブログは阪神タイガースの試合を私見で振り返るものである。

第142戦 vs中日24回戦【2019.9.29】

阪神甲子園球場
中日 000 000 003 3
阪神 000 013 20X 6
本 陽川3号 大山14号
○ガルシア6勝8敗 ●柳11勝7敗
中日 柳、福、三ツ間、又吉、木下雄
阪神 メッセンジャー、高橋遥、ガルシア、岩崎、ドリス、ジョンソン、藤川

ランディ・メッセンジャーラストゲーム
一戦も落とせない状況で引退を発表した選手を先発登板させることに大きな違和感を感じながらも、背番号54がマウンドに立つと涙が止まらない。
この試合を最後に、メッセがタイガースの為に投げることはもう無いのだ。

f:id:knta-0126:20200222234935j:plain

ラストファイト。

大島は三振。助っ人奪三振記録を樹立したメッセに相応しい幕引きだった。
気を遣ってくれたであろう大島。ありがとう。

その後を継いだのは高橋遥人。利き腕こそ違うが、奪三振能力はメッセと同等のものを持っている若武者。1回2/3をしっかりと抑えた。メッセの後に投げさせた首脳陣の意図は、きっと次期エースは君だ、というメッセージだろう。

3番手はガルシア。
中継ぎに転換してから、チームに勝利を呼び込むラッキーマンになっている。
そして、この試合でもその強運を発揮。
3~5回の3イニングを0を並べると、5裏に陽川がソロを放つ。

f:id:knta-0126:20200223000737j:plain

陽気なラッキーマン

f:id:knta-0126:20200223000914j:plain

6年間背番号がお隣同士だったメッセへの惜別弾。

ここで陽川が打つとは思いもよらなかったが、ファームで2年連続二冠王を獲った男。本気になれば、これくらいはやれるのだ。
良い試合で良い活躍をした。頑張れ陽川尚将。

6裏には髙山、梅野のタイムリーで3点を追加。
絶対に負けられない試合で効果的に点を取り、中日の戦意をそいでいく。

投手陣は岩崎、ドリス、ジョンソンと盤石のリレーでドラゴンズ打線を封じる。
そこへ大山がダメ押しの2ランを放つ。

f:id:knta-0126:20200223002511j:plain

大きく育て、俺たちの大山!

強いぞタイガース。
この試合はもう、もらった。
最後は球児が出てきて、花を添える。
と、思いきやポカスカ打たれて3点取られちゃう。
あれ、球児どうしたの??
まあ、いっか。これもご愛嬌。

メッセのラストゲームは快勝だった。
余裕の試合展開だったので、根尾くんのデビューもしっかりと観ることができた。

f:id:knta-0126:20200223003307j:plain

無難にゲッツー処理。

f:id:knta-0126:20200223003554j:plain

初打席は三振。

試合後はメッセの引退セレモニー。
首脳陣やファンへの感謝を述べるとともに、家族、妻への心からの愛にあふれたメッセージに涙腺が緩む。

f:id:knta-0126:20200223004321j:plain

Best Family!!

メッセ、本当にありがとう。
君と一緒に優勝したかったよ。
いつか、また、タイガースに戻ってきてね。
しばらくはアメリカでゆっくりと家族とともに楽しい日々を送ってください。

f:id:knta-0126:20200223004925j:plain

また、会う日まで…

 

第141戦 vsDeNA25回戦【2019.9.28】

横浜スタジアム
阪神 000 400 030 7
ベイ 000 000 000 0
○西10勝8敗 ●今永13勝7敗
阪神 西、岩崎、ドリス、島本、守屋
ベイ 今永、武藤、中川虎

4連勝でCS進出への夢をつなぐ。
西がエースのピッチング。そうだよ、私が見たかったのは0点に抑える西勇輝
初回に梶谷の打球を右足首に当て悶絶したが、耐えて抑えた。その闘争心に中継ぎ陣も応え0封リレー。
お得意のハマスタでのベイスターズ戦を落として終戦を迎えるわけにはいかない。
打線も弾けた。
4表はいきなり崩れた今永の二者連続フォアボールを足掛かりに一挙4点。
8表は福留、糸原がチャンスでタイムリー。3点を奪い試合を決めた。

CS進出すれば、再びハマスタでまみえる相手。完勝と言える形で試合をモノに出来たのは大きい。

さあ、残り2戦。
ちなみに、この試合当日、私はエコパスタジアムラグビーW杯・日本vsアイルランドを観に行っていた。
奇跡の勝利を目の当たりにした我が身は最高の運気をまとっている。
その運を持ったまま、メッセ引退、鳥谷最終戦とイベントも待ち受ける甲子園にナインとともに乗り込み、日本代表に続く奇跡を起こす!

f:id:knta-0126:20200222232403j:plain

奇跡。

第140戦 vs巨人25回戦【2019.9.24】

阪神甲子園球場
巨人 000 000 000 0
阪神 100 003 10X 5
本 梅野9号 福留10号
○ガルシア5勝8敗 ●高橋5勝7敗
巨人 高橋、鍬原、高木、鍵谷
阪神 青柳、ガルシア、岩崎、ジョンソン、藤川

青柳が先発も毎回ランナーを出すピッチングで4回で降板。
来季の青柳に求められるのは安定感と安心感だろう。

打線は初回に大山の犠牲フライで先制の後、高橋に封じられたが、6裏に3点を追加し試合の流れをガッチリと掴んだ。
その6裏は大山のフォアボールから、盗塁、続く糸原がタイムリー、その糸原を中谷が送り、梅野が2ラン。やりたいことがピタリとはまった美しい攻撃だった。
7裏に福留がダメ押しのソロを叩き込み、快勝。

梅野がシーズン120捕殺の日本記録を達成。大先輩の土井垣武が作った記録を抜いた。正捕手でなければ達成できない記録。拍手を送りたい。

球児が9表の阿部の打席でオール直球勝負。
その心意気も良いが、いまだ直球で勝負できる頑健な体力に目を見張る。

高橋聡文が引退を発表。
金本政権FA加入第1号の選手だった。桑原、高橋聡の奮闘があったからこそ金本政権は成り立っていた。お疲れ様でした。

これで3位カープと1.5差。
あと3試合全部勝って、カープが残り1試合を負けてくれれば、奇跡は起きる…

第139戦 vsDeNA24回戦【2019.9.22】

阪神甲子園球場
ベイ 000 000 000 0
阪神 000 021 00X 3
○ガルシア4勝8敗 ●バリオス1勝2敗 S藤川4勝1敗15S
ベイ バリオス、石田、国吉、笠井
阪神 望月、能見、ガルシア、岩崎、島本、ドリス、藤川

先発は望月。
いけるところまでガンガン投げて、あとは鉄壁リリーフ陣に託す作戦だ。
その望月、4回途中に大和にヒットを打たれたところで降板。
3回2/3を71球3安打2四球無失点。決して良くはないが、ベンチの作戦にはギリギリ応えた。
この作戦を生きたものにするには打線の奮起が不可欠。
そのピースにハマったのは鳥谷だった。
5裏、一死1、2塁で代打で登場すると三遊間を抜けるタイムリーを放つ。これまでに何度も観た「らしい」流し打ち。これぞ鳥谷のバッティング技術。
甲子園はお祭り騒ぎ。このムードを味方につけたリリーフ陣は失点を許すことなく、零封リレー。
夢をつなぐ快勝となった。

この日、横田慎太郎が引退を発表。
脳腫瘍から懸命にリハビリを続け、一軍での出場を目指したが、後遺症は目に来ていた。
物が二重に見え、ろくにボールも見えていなかったのだという。
そんなにツラい状況にあることを知らなかった。
期待されていた選手だった。復帰を待ち望まれた選手だった。悔しかろう。
福留のコメントが良い。
自分の身体があってこそ、というのが第一だと思う。今まで助けてくれたご両親に感謝して、自分の口から「ありがとう」という言葉を伝えなさいよ、と彼にも言った。どういう道に進もうと、僕は応援することは変わらない。
同じ鹿児島出身のかわいい後輩を思う気持ちが伝わってくる。

第138戦 vs広島25回戦【2019.9.21】

阪神甲子園球場
広島 110 000 000 2
阪神 000 002 02X 4
本 菊池13号 北條5号
○西9勝8敗 ●菊池保1勝3敗 S藤川4勝1敗14S
広島 ジョンソン、菊池保
阪神 西、藤川

まずは当日のメモから。
苦手のジョンソンを攻略できず苦戦していたが、6裏にワイルドピッチ2つで同点に追い付く僥倖。
こちらの西は相変わらずの3点以内に抑えるピッチング。クオリティースタートは偉いと思うけど、超苦手投手相手に初回、二回と立て続けに失点するのはいかがなものか。まあ、8回まで投げたのは立派なんだけど。
8裏に途中出場の北條が勝ち越し2ラン。思い切りの良いスイングこそが史也の魅力。いつまでも伸び悩んでいる場合ではないので、これをきっかけに来季へ突き進んでほしい。
あと全勝しなければCS進出は絶たれる中で、ほのかに希望の灯をともす勝利。まあ、どのみち進出は無理だとは思うが、中日よりは上に行きたい。頑張ろう。

ジョンソンの2つの暴投に救われた。これは、専任キャッチャー石原にも感謝だね。
この勝利で5年ぶりに広島に勝ち越したそうな。

ちなみにこの日、巨人が優勝しました。

第137戦 vsヤクルト25回戦【2019.9.19】

阪神甲子園球場
ヤク 100 040 201 8
阪神 000 000 000 0
本 塩見1号 バレンティン33号
○小川5勝12敗 ●高橋遥3勝9敗
ヤク 小川
阪神 高橋遥、守屋、谷川

この日はラグビーワールドカップの開幕日。
私は味の素スタジアムへ行っていたので、ほとんど試合を観ていない。
そして、それは正解だった。
こんなしょうもない試合なんぞを観ていたら、ロシアに快勝した晴れやかな気分がぶち壊しだ。

当日のメモ
小川に完封される。3年振りだそう。
福留休養で2番センター植田。
木浪、植田、近本とフレッシュ俊足トリオで挑んだが、不発。ヒットは出てもつながらない。
一方の我らは守備でミスを連発。バッテリーは4つのワイルドピッチ。大山は送球ミスで失点のきっかけを作った。
こんな野球をすれば負けるのは必定。
先発の高橋遙は良いボールは投げるのに、決め球がことごとく甘い。追い込んでもフォアボールを出す。疲れてるのかな。
近本は154本目のヒットを放ち長嶋の新人最多安打を抜いた。立派。
谷川も良いボールを投げていた。強力リリーフ陣に割って入ってもらいたい。先発でも良し。

高橋遥人は完全に疲れたな。スタミナ切れだろう。シーズン途中からローテに加わってよく頑張ったが、いかんせん経験したことのない次元で戦い続けたから疲労困憊になるのは仕方ない。

この敗戦で5位転落。
もうCSがどうとか言ってる場合じゃないよ。

第136戦 vsヤクルト24回戦【2019.9.18】

阪神甲子園球場
ヤク 000 002 000 2
阪神 000 100 20X 3
○岩崎3勝 ●ブキャナン4勝6敗 S藤川4勝1敗13S
ヤク ブキャナン、ハフ、坂本
阪神 青柳、島本、岩崎、ドリス、藤川

逆転勝ちで2連勝。
残り7試合で3位の広島とは3ゲーム差。その広島は残り4試合。
厳しい数字だが、可能性がある限りはそこに向かってベストを尽くすのがプロというもの。頑張ってもらいたい。

大山が猛打賞。
相変わらず波が大きいが、良い時は手が付けられないのがこの子の良いところ。
先制タイムリーと逆転タイムリーは立派。4番をはく奪されて悔しい気持ちがあるのだろう。その気持ちを忘れずに精進し続けてもらいたい。

近本が長嶋茂雄セ・リーグ新人最多安打記録に並ぶ153安打目を記録。
が、長嶋は130試合制で記録している。近本は136試合目。まあ、それでも長嶋の記録を抜いたというのは気持ちが良い。ここからシーズン終了まで打ちまくり、前人未到の記録を打ち立ててしまおう。

青柳がピリッとしない。
またしても6回途中に降板。しかも吉田大と奥村に連続タイムリーを浴びて逆転されるなんて最悪だ。どちらも1割台の打者に何やってんだ。
ここ、課題だよ。来年も同じようなことやってたら怒るよ。

第135戦 vs巨人24回戦【2019.9.16】

東京ドーム
阪神 100 001 000 2
巨人 000 100 000 1
○ガルシア3勝8敗 ●桜井8勝5敗 S藤川4勝1敗12S
阪神 ガルシア、島本、岩崎、ドリス、藤川
巨人 桜井、田口、沢村、中川

昨日とは打って変わって投手戦。
ガルシアで投手戦は分が悪いのでは、と思ったがどっこい耐えた。
5回1/3で4安打6四球1死球で1失点はえらい。いや、えらくはないが、よくしのいだ。

相変わらず敵の桜井を打ちあぐねたが、6表に勝手に乱れた桜井から髙山が押し出しの四球を選んで勝ち越し。さすが天才バッター。選球眼が違う。

7回以降は岩崎、ドリス、球児がヒットを許さず反撃の糸口すら作らせなかった。
気持ち良し。

f:id:knta-0126:20200124013857j:plain

入念にフォームチェックをする鳥谷

f:id:knta-0126:20200124014246j:plain

耐えたガルシア

f:id:knta-0126:20200124014435j:plain

レフトから戻ってくるオジキを出迎える若手

f:id:knta-0126:20200124014729j:plain

レジェンドシート解説の藤田平角盈男

f:id:knta-0126:20200124015100j:plain

しっかり四球を選びチャンスメイクする鳥谷

2連戦観戦し1勝1敗なら上出来。

第134戦 vs巨人23回戦【2019.9.15】

東京ドーム
阪神 010 300 100 5
巨人 201 000 12X 6
本 坂本36号 ゲレーロ20号
○マシソン2勝2敗1S ●ジョンソン2勝3敗
阪神 岩貞、守屋、島本、岩崎、ジョンソン
巨人 菅野、高木、宮国、田口、マシソン、デラロサ

この試合は東京ドームで観戦。
勝ちゲームを期待したが、悔しい逆転負け。
当日のメモ
逆転負け。慣れているが、目の前で観るとやはり悔しい。
8裏。PJは先頭の丸にフォアボールも岡本を三振に取った。
次打者は吉川。ここで福原コーチがマウンドへ。恐らくは「(吉川大の)送りバントの結果はどうあれ、ゲレーロと無理に勝負しなくて良い。次の田中俊との二人で一つのアウトを取ろう」という確認だったはず。
それくらい慎重になっていい場面だし、その為の福原コーチマウンド行きだったはず。
だが、ゲレーロに追い込んでから逆転2ランを浴びた。梅野のミットは低めに構えられていたが、高めに浮いた。
無念である。
が、PJが打たれたなら仕方ない。そうやって己を納得させる。
4表に二死満塁で代打鳥谷のタイムリーを観ることができた。
これでこの試合は良しとしよう。

ソローロと馬鹿にされていたゲレーロに逆転2ランを打たれるのは癪だ。しかもPJが。しかも目の前で。

岩貞は相変わらず良くない。2年前の良いピッチングを思い出してほしい。いま、我が軍は一つも負けられない状況なのだ。3回3失点とか、やる気がそがれるピッチングは慎んでもらいたい。

岩崎の石川に打たれたソロも悔やまれる。なんなんだよ石川。やたらタイガース戦で打つ印象があるんだけど。嫌い。

というわけで、この試合のハイライトは、鳥谷が菅野から2点タイムリーを放った場面に決定。同点に追いついた一撃にレフトスタンド大盛り上がり。まだまだやれる(と思う)ぞ、鳥谷!
さあ、鳥谷写真いってみよう!

f:id:knta-0126:20200124011221j:plain

試合前のキャッチボールで楽しげなトリとドメ

f:id:knta-0126:20200124011521j:plain

菅野からタイムリーを放つ鳥谷

試合前、悲しいニュースがアメリカから届いた。
ジーン・バッキー死去。82歳。
タイガース史のみならず、球界の助っ人史を語る上でも決して欠かすことのできない偉大な選手が逝ってしまった。
ついこないだ、2021年に外国人OBの夢対決試合が浮上したというニュースを目にしたばかりだったので、余計にショック。

王貞治VSバッキー再び 外国人OBの夢対決浮上 - プロ野球 : 日刊スポーツ

メッセが去り、バッキーが逝く。この二人は交流もあったと聞く。
実に寂しい訃報だった。
タイガースナインは喪章を付けるかな、と思ったけど何もなかった。
ちょっと、寂しい対応だな。

そんなわけで、14年連続のV免が決まった試合のレポートでした。

第133戦 vs中日23回戦【2019.9.14】

ナゴヤドーム
阪神 000 000 000 0
中日 011 010 000 3
○大野9勝8敗 ●望月1勝1敗
阪神 望月、守屋、能見、ドリス
中日 大野雄

ノーヒットノーラン、やられちゃいました。
当日のメモ
大野雄大にノーノーをやられる。なので、もう書くことなんかない。
初回にワイルドピッチで失点したり、悪送球きっかけで失点したり、そりゃ負けるよな、という内容だったが、まさかノーノーをやられちゃうとは。
今年の大野雄大、良いんだよな。エースの復活はドラファンも嬉しいよね。藤浪、待ってるよ。

この日は中日ファンの引越しの手伝いをしていて、テレビを運び設置し終えて、チャンネルを合わせたら、まさにその瞬間だった。手伝ってやったのに、こんな仕打ちはあんまりだ。
子供みたいにはしゃぐ大野雄。そんなに喜んでくれるなら、やられ甲斐がある。と強がりを言ってみる。
これで3位の広島に4.5差。厳しい数字だなあ。

能見が50試合目の登板。40歳以上で50登板した投手はこれまでに岩瀬しかいないそうだ。球界NO.1の気品ある顔立ちを誇る能見さん。うっかり打たれることもまあまああるけど、まだまだ期待してるからね!