阪神タイガース観戦記

このブログは阪神タイガースの試合を私見で振り返るものである。

第113戦 vs巨人19回戦【2019.8.18】

東京ドーム
阪神 000 001 200 3
巨人 000 310 20X 6
本 岡本23号
○山口12勝2敗 ●ガルシア2勝7敗
阪神 ガルシア、浜地、ジョンソン、守屋
巨人 山口、大竹、田口、沢村

当日のメモで振り返る。
ガルシア、またしても試合を形成できず。
いつも頑張ってるのは伝わるのだが、ピンチを堪えきれない。
今日も増田ごときにレフトオーバーの先制二点タイムリーを打たれ、挙げ句投手の山口にまでタイムリーを浴びた。
確かに、増田への三球目はなぜボールなのかわからないほど素晴らしいストレートで、佐藤球審の技量を疑うほどだったが、ストライクボール判定は覆ることはない。ここは切り替えて頑張ってほしかった。
常に追いかける展開で拙攻で負けムードだったが、それでも糸原のタイムリー、福留のタイムリーで追いすがる。
が、チャンスも簡単に潰す。
満塁機で代打北條ポップフライ、原口三振。これでは勝てない。
4番マルテに代打でソラーテ。結果ボテボテセカンドゴロ。PJも失点。暗黒感が漂う。
だが、それでもまだ借金7の4位。
ファームの藤浪も相変わらずの制球難で昇格未定だが、もはや優勝の目はないのだから、ひたすら上で投げさせまくった方が良い。
戦い方を切り替える時期が来ていると思う。

巨人に3タテを喰らう。
気分悪し。
これで今季4度目の巨人3連戦3連敗。これは56年ぶりの屈辱だそう。1963年以来のということになる。村山、小山がいてもそんなことになるのか。じゃあ、現有戦力じゃ仕方ないか。

4番マルテが胸の痛み(筋肉系)を訴え、代打でソラーテを出すという面白起用になったが、面白いだけで得点には全く結びつかなかった。ちなみに助っ人の4番打者の代打に助っ人が登場するのは球団史上初だそうな。

88年の開場以来、東京ドームでの8月の通算成績は32勝82敗6分だそう。
この32年間で、8月だけで、巨人だけが対象なのに借金50である。
ひどすぎる。

第112戦 vs巨人18回戦【2019.8.17】

東京ドーム
阪神 000 000 020 2
巨人 100 000 30X 4
本 坂本勇32号 北條4号 福留6号
○高橋5勝4敗 ●西5勝8敗 Sデラロサ1勝4S
阪神 西、能見、守屋、島本
巨人 高橋、沢村、高木、鍵谷、デラロサ

当日のメモで振り返ろう。
初回の満塁機を逃したことに、そのさきの暗い未来を予感する。
案の定、その裏に坂本にソロを浴び早くも追いかける展開。西の不用意失点癖は治りそうにない。
しばらく最少失点差で粘るも、7裏に替わった能見が致命的な3失点。9割5分で負けを確信。
そして、やはり敗戦。
8表に北條、福留のソロ連発で虎党をささやかに盛り上げたのが救い。
とにかく打てなさすぎる。
桜井、高橋優と一流投手とは言いがたいところにも押さえられてしまう。
昨年までは片岡コーチの所為だと思っていたが、どうやら原因は違うようだ。
強いチームよりもたくさん厳しい練習をする。
そういう基本的なことが欠けていることが、15年間優勝できていない理由なのではなかろうか。

首脳陣に矛先が向かってしまった。
まあ、同じパターンで負け続けているので仕方ない。
しかし、ほんとになんで桜井とか高橋とかを打てないかね。この二人に抑えられてるのタイガースだけじゃない? と思ってしまう。実際はそんなことないが。
選手自身の研鑽はもちろんだが、スコアラーや打撃コーチの取り組み方も問題な気がする。同じ投手にやられすぎだよ。

第111戦 vs巨人17回戦【2019.8.16】

東京ドーム
阪神 100 000 000 1
巨人 000 200 00X 2
本 岡本22号
○桜井7勝2敗 ●高橋遥2勝5敗 Sデラロサ1勝3S
阪神 高橋遥、岩崎
巨人 桜井、高木、大竹、デラロサ

当日のメモで振り返る。
初回に満塁機でソラーテ犠牲フライで先制するも、その後は拙攻の連続。
マルテ併殺、大山併殺。
好機を中軸の打者が潰せば流れは相手に向かう。
高橋遙人はよく投げていたが、岡本へ投げたストレートが唯一の失投。2ランを浴び逆転された。
結局、1-2。
安打数は我が軍の方が上。悔しさは募る。
ここぞで打てないのは慣れっこだが、決して嬉しいわけでも楽しいわけでもない。
不愉快なことに変わりはない。
だが、すぐに良くなるわけでもない。ただ、耐えるのみ。
どめさんはよく打ったが一人だけではどうにもならない。
好投を続ける高橋遙人を勝たせてあげられないのはツラかろう。
とにかく頑張ってくれ。

ちなみにこの日のTwitterで私は
「大山。。。好調期間が短すぎる。。」
とつぶやいていた。
そりゃね、8/10,11にミスタータイガースだと信じていた人が、好機であっけなく併殺に倒れれば言いたくなるさ。

福留は猛打賞で頑張っていた。が、あとが続かない。
続いたとしても単打だから点が入らない。
長打を打てる人がいない。
悲しい。

第110戦 vs中日20回戦【2019.8.14】

ナゴヤドーム
阪神 000 051 000 6
中日 201 000 000 3
本 木浪3号
○能見1勝1敗 ●山井3勝5敗
阪神 秋山、能見、島本、岩崎、ジョンソン、藤川
中日 山井、三ツ間、祖父江、又吉

今季ワーストだった24イニング連続無得点を木浪が口火となって止めた。
この試合はスタメン落ちしたが、5表二死に代打で登場。
ライト前ヒットを放ち、その後5連続安打が飛び出し一挙に5点を獲得。
ツーアウトから6連打で5点取るなんて。。。
奇跡に近い。
木浪は6表にソロホームランも放ち大活躍。
北條とうまい具合に競争出来ている。

能見が今季初勝利。これで11年連続で勝ち星をあげたことになった。長い間、先発として、今は貴重な左腕リリーバーとして貢献してくれてありがとう。これからも宜しくお願いします。

先発の秋山は4回3失点で流れを作れなかった。
一昨年のエースがこんなところで立ち止まっていてはいけない。君の本来の力はそんなもんじゃないはずだ。復活を切に願う。

第109戦 vs中日19回戦【2019.8.13】

ナゴヤドーム
阪神 000 000 000 000 0
中日 000 000 000 000 0
阪神 青柳、岩崎、ジョンソン、能見、島本、藤川
中日 大野雄、藤嶋、岡田、三ツ間、祖父江

野球のスコアレスドローほど時間を無駄にしたと思えるものは無い。
3時間59分、点の入らない画面を漫然と見続けていたことになる。

当日のメモでは何と書いているだろうか。
スコアドローの引き分け。
対中日戦では実に57年ぶりのことだそう。
珍しいことだが、嬉しくも何ともない。だが、よく投げた青柳以下中継ぎ投手陣は誉めてあげたい。
特に岩崎の安定感は素晴らしい。昨年は精彩を欠いただけに、今年のこの活躍は本人も嬉しかろう。
今さら、打線の不甲斐なさは責めても仕方ない。これも経験値を増やしたと思えば、レベルアップにつながるのだ。そう思いたい。そうでなきゃ、やってられない。

無理やり良いところを見つけ出しているが、最終的にはやさぐれている。

近本はこの試合で今季34度目のマルチ安打を記録し、球団新人5位タイの122安打にした。このことに本人は「得点につながればよかったんですけど…凡打の内容も良くなるようにできればと思います」と実に殊勝なコメントを残している。えらい。

中日の大野雄大は通算1000投球回数を記録したそうな。プロ355人目の記録だそう。何の感慨もないが、備忘録として留めておこう。

第108戦 vs中日18回戦【2019.8.12】

ナゴヤドーム
阪神 100 000 000 1
中日 200 200 01X 5
本 堂上10号
○梅津1勝 ●ガルシア2勝6敗
阪神 ガルシア、守屋
中日 梅津、福、ロドリゲス、岡田

中日先発の梅津は今季初登板のルーキー。
東洋大三羽烏の一角で上茶谷、甲斐野とともに昨年のドラフト会議を盛り上げた期待のピッチャーだ。
その期待通りの活躍をさせてしまうのが我らがタイガースだ。
6回を4安打1失点でまとめられてしまい初勝利をプレゼント。
これで今季5度目のプロ初勝利献上だそうだ。

おなじみ、当日のメモを載せよう。
ルーキー梅津から幸先良く先制点を奪うも、ガルシアが立ち上がり不調を突かれ簡単に逆転を許す。
初回、一死2、3塁でマルテ、ソラーテが次の点を叩き出せなかったことが痛かった。
結局、梅津は立ち直り、プロ初先発初勝利を手にすることに。
改めて初物に弱いことを露呈。
ガルシアの粘りの無さもさることながら、4安打という貧打も切ない。
まあ、明日がんばろう。

ガルシアは立ち上がりさえまともならばスイスイ行けるのだが、そうでない時は苦しい。試合後に「運がないので、しっかり自分に運が向けられるよう」とコメントしている。運だけの問題ではない気がするが、無いよりはあった方が良いので開運術を誰かに習っておいてほしい。

第107戦 vs広島21回戦【2019.8.11】

京セラドーム大阪
広島 011 030 000 5
阪神 100 001 04X 6
○浜地2勝1敗 ●フランスア6勝5敗6S S藤川4勝1敗6S
広島 九里、中村恭、菊池保、今村、フランスア
阪神 望月、守屋、能見、浜地、藤川

大山、連夜の殊勲打。
4番の重圧から抜け出し、のびのびとプレーできているようだ。
浜地も一昨日の滅多打ちを払拭するように無失点で球児につないだ。
こういう経験の一つ一つが未来につながる。

~当日のメモ~
先制するも追いつかれ、逆転され、負けムードのただよう8裏にマルテ、ソラーテの連打を大山が返し1点差。さらに攻撃を重ねて逆転にまで結びつけた。
今季希に見るキレイな逆転勝ち。
6裏の満塁機で一点しか取れなかったことで意気消沈したかと思ったが、よく頑張った。
特筆すべきは代走植田の本塁好走塁。ショートゴロに抜群のスタートを切り、勝ち越し点を奪った。代走、守備固めとして開幕から一軍をキープする男。打撃も向上させており、徐々に居なくてはならない選手という立場を確立しつつある。
セカンド、ショートの選手が山ほどいるチームにあって、この立ち位置をキープ出来ているのはよほどの努力があってのことだろう。
6番大山がハマりつつある。
望月は良いストレートを持っているだけにもったいない。ここぞという場面で痛打されることが多く、その精神力に磨きをかけて欲しい。

藤原オーナーのコメントが翌日のスポーツ紙に載っていた。
攻撃が一番の防御だと、よく分かりました。みんな素晴らしかった。
いや、最大の防御は守備だと思うよ。。
こういうことを言っていいのは西武のオーナーぐらいだと思うのだが。。
球団トップの認識が甘くて、不安が募る。

第106戦 vs広島20回戦【2019.8.10】

京セラドーム大阪
広島 014 000 000 5
阪神 020 001 003 6
本 大山12号
○岩崎2勝 ●フランスア6勝4敗6S
広島 床田、遠藤、中村恭、菊池保、中崎、フランスア
阪神 西、能見、島本、岩崎

感動のサヨナラ勝ち。
間違いなく、今季ベスト5に入る試合。

糸井が左足のケガで登録を抹消され、チーム内に否がおうにも暗い雰囲気が漂った。
しかも、これまで全試合で4番を務めてきた大山が6番に降格。
いろんな意味で背水の陣だった。

先発の西は逆転してもらったのに、さらに追加点を奪われるへなちょこピッチング。
試合当日のTwitterで私は3表の時に
・ソラーテ 捕れないか
西が悪い ソラーテの居る方向に打球を飛ばさせちゃダメ!
本塁無理か...? 北條史也 梅野は悔しそうにしていたが。。
ソラーテの守備範囲と北條の状況判断を悔しげにつぶやいている。
守備、本当に大事。

西は悪いなりに6回までは投げ、先発として最低限の仕事は一応果たした。
そして、9裏にドラマは起きる。

 この試合の感想をメモに残している。

こうなったらいいな
という、試合中に何度も夢見ては儚く潰える妄想がある
それが、この日は叶った
今季、初めて4番を外れた大山が6番で成し遂げたサヨナラ3ラン。
マルテがヒット、ソラーテがフォアボール
「ホームランが出ればサヨナラ3ラン」という夢想が画面の向こうで実現している。
嬉しい。ただただ嬉しい。
夏の大山
明日も頑張ろう

興奮と喜びが伝わってくる。
確かに、自宅で一人狂喜乱舞していた。

大山にミスタータイガースの兆しを見た。
あの勇姿、忘れない。

第105戦 vs広島19回戦【2019.8.9】

京セラドーム大阪
広島 000 500 015 11
阪神 040 000 010 5
本 メヒア4号
○大瀬良9勝6敗 ●高橋遥2勝4敗
広島 大瀬良、菊池保、今村、中村恭
阪神 高橋遥、守屋、浜地

せっかく大瀬良から4点先制したのに、終わってみたら6点差つけられて負けている。
どうなってるんだい。。

4表に一気に5点取られて逆転されてしまう。
1点を返されて、なおも一死1、3塁で打者松山。ここでカープのディレードスチール発動。慌てたのかキャッチャー原口の二塁への送球はそれてしまう。3塁走者の菊池は悠々生還。1塁走者鈴木も2塁に生き残るという最悪の流れを作り出した。
こんなことをしていれば逆転されるのは必定。高橋遥人にはまだコレをしのげるほどの胆力は備わっていない。
続くメヒアに逆転弾を許しジ・エンド。
菊池には本盗が記録され、これで2試合連続でホームスチールを決めたことになる。
2試合連続でホームスチールを成功させたのは1956年7月25、26日の西鉄戦で決めた高野价司(大映)以来63年ぶりだそうな。

9表に5点取られてるのが切ない。
ここさえ抑えていれば、まだ1点差でお客さんもその裏の攻撃を楽しめたろうに。
エラーがらみでピンチを拡大させ、見事にたまったランナーをホームに生還させるタメ息しか出てこない点の取られ方をしている。
浜地よ、この悔しさを忘れずに頑張れ。

糸井が2裏に盗塁を試みた際に左足を痛めた。
唯一の3割バッターが離脱危機である。
フル出場が目標だったのに、またケガでいなくなってしまうのか。。
超人のわりに、いつもシーズン途中でいなくなっちゃう糸井。。

第104戦 vsヤクルト17回戦【2019.8.8】

明治神宮野球場
阪神 000 003 002 5
ヤク 001 010 001 3
本 太田3号 近本9号 雄平7号
○秋山3勝3敗 ●山田大4勝1敗 S藤川4勝1敗5S
阪神 秋山、島本、岩崎、ジョンソン、藤川
ヤク 山田大、梅野、近藤、五十嵐

2表、3表とチャンスを作ったが、それぞれ秋山、福留が凡退し無得点。
そういうときは得てして相手に流れが向くもので、3裏に太田ごときにソロを浴びる。
こういう予期せぬ一発は実に腹立たしい思いになる。
5裏、秋山の送球ミスからピンチが拡大し、二死までしのぐも青木にタイムリーを浴びて追加点献上。秋山の送球ミスは、無死1塁で奥村のピッチャーゴロをセカンドに投げた時の悪送球。基本的なプレー。こういうところを減らしていかないと上には行けない。
6表、糸井二塁打、大山タイムリーで1点を返す。その後の福留、マルテが倒れ嫌な感じになったが、原口のショート内野安打でさらに1点返す。さらには北條が左中間を割るタイムリーで逆転。珍しく打線がつながり試合をひっくり返した。やればできる。
その裏、島本が無死から二人のランナーを出しピンチを作るも、村上三振、中村併殺で切り抜ける。島本、本当に成長した。えらい。
9表、史上4人目の日米通算900試合の五十嵐が登板。数字は立派だが、敵チームの選手なのでなんの感慨もなし。
その五十嵐から近本が2ラン。球団初の新人左打者二桁本塁打まであと1本にまで迫った。
9裏、球児が先頭の雄平にソロを浴びるも、その後を三者連続三振でしめてゲームセット。

ヤクルト相手に3タテを喰らうという最悪の事態は避けられた。
みんなやればできる子なんだから、反攻の8月にするべく、頑張ろう。