阪神タイガース観戦記

このブログは阪神タイガースの試合を私見で振り返るものである。

第59戦 vs広島13回戦【2020.8.29】

マツダスタジアム
阪神 032 000 010 6
広島 000 130 001 5
本 近本3号
○岩貞3勝2敗 ●大瀬良5勝3敗 Sスアレス11S
阪神 藤浪、岩貞、ガンケル、馬場、スアレス
広島 大瀬良、ケムナ、菊池保、島内、薮田、中田

3回までに5点を取り、まあ勝つだろうと思ってみていたが、最終的には1点差の際どい試合となった。
まあ、勝てば良い。

その3回までに5点をもらったのに先発の藤浪は5回までを投げ切ることができなかった。あと1アウトだったんだけどな。。
無念。
でも、一番悔しいのは本人。きっとこの悔しさをバネに大きくなってくれる。
その後を継いだ岩貞が1回1/3を投げて勝利投手に。救援で勝ち星がつくのは初めてだそうな。
7月には先発として甲子園で素晴らしいピッチングもしていただけに、これまた本人としては思うところはあるだろうが、与えられた場所でしっかりと仕事をすることが一番大事。岩崎との鉄壁左腕リレーは安心感がある。

8番ショートでスタメンの小幡がセーフティスクイズを決めてプロ初打点を記録。
次の打席でもタイムリー内野安打を放った。
球団の10代野手が打点を記録するのは95年の平尾博司以来25年ぶりだそうな。
北條、木浪で決まりつつあったショート争いに新風が吹いて実に喜ばしい。
新人の遠藤も大いに刺激を受けていることだろう。

8表に近本がソロを打ってくれたおかげで勝てた。
シーズン序盤は調子を落としていたのに、打率はすでに2割8分。えらい。

飯田優也とのトレードでオリックスから小林慶祐がやってきた。
オリックスよりはやりがいがあるはずだ。ファンも多いし。注目度も高いし。
頑張ってほしい。

第58戦 vs広島12回戦【2020.8.28】

マツダスタジアム
阪神 000 010 101 3
広島 120 000 001 4
本 菊池涼5号 坂倉3号 大山13号
フランスア1勝1敗7S ●岩崎2勝2敗
阪神 西勇、岩貞、馬場、岩崎
広島 森下、塹江、フランスア

西勇輝が序盤で3失点する苦しい展開。
結果的に6回92球3安打2四球3奪三振3失点。クオリティスタートといえば聞こえは良いが、流れは最悪だ。
ただ、大崩れしないのは立派だし、今季はここまでエースとして安定した投球を続けているので、厳しいことはそんなに言わないことにする。
自らを修正し、試合を作ったことは評価に値する。

打線は森下を打てず。
いや、2点は取ったけど。
少ないチャンスでタイムリーを打った梅野は良かったし、ホームランを打った大山もえらかった。
でも森下から取れたのは2点まで。
良いピッチャーだな森下。でも、阪神戦で投げすぎじゃない?

9表に上本弟のエラーで同点に追いつく僥倖があったのだが、その裏にその上本がサヨナラタイムリーを放つマッチポンプ的な試合で終了。
打たれたのは岩崎。まあ、こういうこともあるよね。切り替えよう。

第57戦 vs中日12回戦【2020.8.27】

阪神甲子園球場
中日 200 000 010 3
阪神 000 311 10X 6
本 サンズ11号
○青柳6勝3敗 ●柳2勝4敗 Sスアレス10S
中日 柳、谷元、山井、木下雄
阪神 青柳、ガンケル、岩崎、スアレス

中日に3タテを喰らわせる。
先発の青柳は初回に2点を先制される嫌な立ち上がりだったが、7回まで投げ、結局失点はその2点でとどめた。
7回89球4安打1四球3奪三振2失点。
先発投手としての務めは果たした。

8裏を任されたガンケルが打ち込まれ、嫌な空気が漂ったが岩崎が立て直す。これがリリーフの厚み。
最後はスアレスが締めた。
後ろがしっかりしてくれば、チームは強くなる。

打線は4裏にサンズが3ラン。
こんなに打つようになるとは本当に思っていなかった。ごめんね。
だが、必ず研究されて調子を落とす時期はやってくるので、その時にどう対処するかが大事。

5裏に小幡竜平がプロ初ヒット。近本のタイムリーで生還し初得点も記録。
10代の若者が躍動する姿は、チーム内に活気を与える。
木浪、北條、植田らもウカウカしていられないだろう。
一気にレギュラーを獲るくらいまで活躍してしまおう。
ちなみに、10代の新人野手でスタメン出場してヒットを記録したのは97年の浜中以来だそうな。
いかに高卒新人野手を育ててこなかった、もしくは才能ある高卒新人野手を獲ってこなかったかがよくわかる。。。

第56戦 vs中日11回戦【2020.8.26】

阪神甲子園球場
中日 000 011 010 3
阪神 010 005 41X 11
本 ボーア11号、12号 陽川1号
○ガルシア2勝5敗 ●福谷2勝2敗
中日 福谷、岡田、浜田達
阪神 ガルシア、岩貞、馬場、能見

中盤まで何となく負けパターンな感じも漂っていたが、6裏に陽川の3ランで流れを一気に引き寄せ、終わってみれば8点差をつける快勝劇だった。
陽川は前日に続き3番でのスタメン出場。
その前日もバットが振れていたが、この日は最高の出来だった。
チームには能力はあるのにイマイチ発揮できない選手がたくさんいるが、その筆頭格が陽川だった。これを機に、糸井、福留に頼らなくてもいいほど大きな存在になってほしい。

ボーアが前日に続きホームランを放つ。しかも2本。
こういうバカ当たりを期待していた。
色々と穴はありがちだが、慣れてくればもっとやれるはず。頑張れジャスティン。

小幡が8番セカンドでスタメン出場。
ノーヒットに終わったが、高卒2年目で内野でスタメンで出るようになるとは、まったく思っていなかった。きっと成長力がすごいのだろう。まだ線は細いが、この経験の一つ一つが小幡を大きな選手にしてくれると思っている。

6、7、8回と3イニング連続で打席の回ってきた2番木浪がすべてヒットを放ち猛打賞。これって、珍しいのでは?
守備面でのミスは減りつつあるが、打撃面での成長がイマイチな木浪。菅野からホームランを打てる力があるのだから、何かきっかけを掴めば伸びるはず。現状の2割3分ではよほど守備が巧くないと使い続けられないだろう。更なる精進を望む。

大山が7裏に試合を完全に決めるスリーベース
徐々に欲しい時に一本出る選手になっている。着実にミスタータイガースの道を歩んでいる気がする。大山の力はまだまだこんなものではない。2年後には手の付けられない選手になっているはず。その過程を見ていられることに感謝。

先発のガルシアは6回90球3安打3四球3奪三振2失点。
試合を作った。ノッてくれば良い投球をするガルシア。この日のような投球で毎登板安定してくれると嬉しい。
そのガルシアをリードしたのは坂本誠志郎。
思いがけずダルビッシュ有からフレーミングを絶賛され、にわかに野球ファンの注目を集めたが、この日の勝利がスタメン出場での初勝利。
バッティングも捨てたものではなく、梅野、原口とともに高レベルな捕手争いができている。出場機会は多くないが、めげずに頑張ってほしい。

岩貞、能見もナイスリリーフだった。
能見はノンプレッシャーの場面ではまだまだイケる。

祝・再びの3位浮上。

第55戦 vs中日10回戦【2020.8.25】

阪神甲子園球場
中日 010 000 000 1
阪神 002 012 00X 5
本 ボーア10号
○髙橋2勝1敗 ●小笠原1勝2敗
中日 小笠原、木下雄、ゴンザレス
阪神 髙橋、スアレス

髙橋遥人が2勝目。
8回112球6安打1四球5奪三振1失点。
ケガしがちだけど、ツボにはまったときは手も足も出ないピッチングをする遥人。
前回の登板も菅野と堂々と渡り合った。ケガしがちな身体をしっかりとメンテナンスすれば、2、3年後には球界一の投手になれると思っている。

打撃では陽川が大活躍。3裏の先制となる犠牲フライはあとわずかでグランドスラムかという当たりだった。5裏にも貴重なタイムリーを放ち、3番に配した矢野監督の期待に応えた。16、17年のファーム二冠王というポテンシャルが、今覚醒しかけている。どうか、歩みを止めないでほしい。

6裏にはボーアが2ランを放ち試合を完全に決めた。
初球を叩いて完璧な当たり。
凡打も多いけど、こういう一発が打てるのは本当に魅力的。

 サンズもタイムリーを打ったし、助っ人が活躍するのは嬉しい。

そのサンズの2本目のヒットで代走に出た小幡が盗塁を決めた。
プロ初盗塁。おめでとう。

 まあ、牽制で刺されそうなところを持ち前の脚力でカバーしたもので、色々と反省点はあるだろうが、とにかく成功したのだから良いのだ。
ちなみに近本はこの日2盗塁決めてます◎
いいお手本がいるので、小幡の成長も早かろう。

第54戦 vsヤクルト12回戦【2020.8.23】

明治神宮野球場
阪神 100 010 000 2
ヤク 110 000 11X 4
本 坂口5号
○小川6勝2敗 ●ガンケル2敗 S石山2勝1敗9S
阪神 秋山、ガンケル、岩崎
ヤク 小川、清水、石山

先発の秋山は6回91球5安打1四球3奪三振2失点。
試合は作ったが、立ち上がりに坂口から先頭打者ホームランを浴び、2裏も無死1、2塁のピンチを作り、投手の小川にヒットを打たれ失点し、リズムは良くなかった。
色々とあと一歩だと思う。西勇輝という見本がいるので、更なる進化を期待したい。

打線はヤクルトの勝ち頭小川に2点を取ったが、それだけだった。
5表に下位打線で無死1、3塁のチャンスを作り出すも、秋山のスクイズフィルダースチョイスでの1点で終わってしまったのが悔やまれる。近本、上本、福留で何もできなかったのは痛い。悲しい。

7裏にガンケルが失点。二死まで抑えていただけに残念。
8裏に岩崎も失点。致命的な追加点を与えてしまい、観る方の戦意もそがれる。

取れるところで取っておかないと負けてしまう、という試合の典型。
この負けで8年ぶりの長期ロード負け越しだそうな。
来年頑張ろう。

第53戦 vsヤクルト11回戦【2020.8.22】

明治神宮野球場
阪神 300 310 010 7
ヤク 000 000 140 5
本 大山12号 村上10号 青木9号
○西勇4勝3敗 ●クック1敗 Sスアレス9S
阪神 西勇、尾仲、岩貞、ガンケル、スアレス
ヤク クック、今野、風張、マクガフ

西勇輝が7回116球3安打2四球6奪三振1失点で4勝目。
長いイニングをしっかり任せられる投手がいるというのは素晴らしい。
今年は‟みそぎ”の意味もあってか、去年より安定しているように思える。
今後もこの投球を続けていってもらいたい。

初回に大山が3ランで先制。高めのストレートを逆方向のライトスタンドへ叩き込むテクニカルな一撃だった。
二死から四球、死球で得たチャンスをこれ以上ない形で生かしてくれた。
相手先発のクックもこれには堪えたことだろう。
そもそも西勇輝とクックの対戦で負けるわけにはいかない。相手の出鼻をくじくこの一発は大きな価値があった。
4表も二死から木浪、西勇輝、近本、上本の4連打で3点を追加。
こういうスキのない野球を毎回してくれればいいのだけど、それほどチームは成熟していない。一歩一歩の積み重ね。来年、再来年に熟してくれればいいなぁ。

7回まで西勇輝が投げたのに、残り2イニングで4人の投手を使い、スアレスまで出してしまった。
1/3で3失点した尾仲が悪いのだが、この子はイマイチ成長が見えない。
大和との人的補償で加入してから早3年。

大卒入団なので来季は26歳。そろそろ危うい立場だ。
新人の年にDeNAで11試合投げたということは、それなりに評価されていたということだ。彼の才能が花開くことを願う。

2年目の小幡竜平が記念すべきプロ初打席。結果はピッチャーゴロ。
根尾、小園、藤原、太田などの才能あふれる高卒野手が各球団にいる世代。
去年の晩夏、タマスタ筑後で観たときに「鳥谷2世はお前だ!」と念を送った期待の若手。こんなにも早く一軍に昇格するとは思っていなかった。

f:id:knta-0126:20201011050044j:plain

2019.8.30 タマスタ筑後にて

今は何もかもが勉強の時期だろうが、素早く吸収し、世代ナンバーワンを掴んでほしい。

第52戦 vsヤクルト10回戦【2020.8.21】

明治神宮野球場
阪神 042 000 010 7
ヤク 020 010 100 4
本 ボーア8,9号 村上9号 坂口4号
○藤浪1勝4敗 ●吉田大喜1勝3敗 Sスアレス8S
阪神 藤浪、岩崎、ガンケル、スアレス
ヤク 吉田大喜、中尾、大下、清水

藤浪が、勝った。
692日ぶり。
61/3回90球6安打2四球1死球奪三振4失点(自責2)。
決して良い数字ではないが、3回までに6点を取ってくれた味方に支えられ新たな一歩を踏み出すことに成功した。
勝てなくなってからはありとあらゆる人々から色んなことを言われ続けた。
良いアドバイスもあっただろうが、マイナスなことの方が多かったことだろう。
「もう終わった」
「トレード要員」
阪神タイガースという球団に入ったが故の信じがたいほどの注目度。精神的に厳しくなったこともあるはずだ。
それを乗り越えての久々の勝利。
藤浪晋太郎を信じ続けたファンにとっては、涙が出るほどうれしい白星。
この1勝だけではまだ否定的な人間を黙らせるには至らないだろう。だが、この日わかったはずだ。藤浪晋太郎を応援している人たちは、否定的な連中よりもずーっと多いということを。
君にはたくさんの味方がいる。
恐れずに進み続けてほしい。

ボーアが藤浪を援護する2本塁打
これを待ってたんだよ。できれば東京ドームでも打ってほしいけど。
連続無得点は37イニングで止めた。
ここからまた頑張ろう。

第51戦 vs巨人10回戦【2020.8.20】

東京ドーム
阪神 000 000 000 0
巨人 000 001 01X 2
○戸郷6勝2敗 ●青柳5勝3敗 Sデラロサ5S
阪神 青柳、岩貞、望月
巨人 戸郷、高梨、中川、デラロサ

巨人本拠地での3試合連続0封負けは1963年以来57年ぶりだそうな。
あ、でもその次の年は優勝してるな。来年優勝する暗示だと思い、気を鎮めよう。

矢野監督は大山を6番に下げ、4番にサンズを据えた。
結果、何も変わらなかった。
この4試合で4,3,4,4安打。これでは勝てない。
36イニング連続無得点。
観ている方もこれはつまらない。
「打てない」という課題は誰が監督になっても誰がコーチになっても改善されない。一体どうすればいいのだろう。

青柳は6回4安打2四球8奪三振1失点と試合を作ったが、敗戦投手に。
このチームで勝てるピッチャーになるためには、本当に点を取られないピッチャーになること。西勇輝という良きお手本が身近にいるので、そこを大いに学んでほしいい。

第50戦 vs巨人9回戦【2020.8.19】

東京ドーム
阪神 000 000 000 0
巨人 200 001 50X 8
本 岡本18号 丸11号
田中豊1勝 ●ガルシア1勝5敗
阪神 ガルシア、望月、尾仲
巨人 メルセデス田中豊、大江、大竹、高梨、中川、ビエイラ

良いところまるでなし。
先発のガルシアは6回108球7安打2四球4奪三振3失点。
クオリティスタートだ、と言えば聞こえはいいが、初回と6回に点を取られる形は良くない。特に、前日は完封負けしている状況でいきなり2失点は萎える。
まあ、彼なりに頑張っていたとは思うが。
後を継いだ望月が7裏に5失点し試合を終わらせてくれた。
上背があって、球も速い。あとはコントロールと技術を高めるだけ。という状態を何年も続けている望月。伸びしろ、無いのかな? 奮起を期待する。

打線は巨人投手陣を打てず。
苦手にしているメルセデスがアクシデントで2回で降板したのに、そのあとの田中豊、大江といったへんてこりんなピッチャーすら打てず、2試合続けて完封負け。
普通、こういうアクシデントをきっかけに流れが変わるものなのに、何も変わらなかった。3安打しか打てなかった。
東京ドームでの勝てなさ具合は深刻だ。
何とかしてほしい。