阪神タイガース観戦記

このブログは阪神タイガースの試合を私見で振り返るものである。

第32戦 vsヤクルト7回戦【2022.5.3】

阪神甲子園球場
ヤク 210 000 000 3
阪神 000 000 000 0
本 村上7号
○小川1勝2敗 ●西勇2勝2敗
ヤク 小川
阪神 西勇、齋藤

小川が良いピッチングし続けると、ヤクルトが落ちてこなくなるから困る。

◆試合メモ
・ファームでケラーが1回無失点。これで、9試合連続無失点ピッチ。はじめに叩きのめされて、雌伏の時を経て復活する。ひょっとして、そんな任侠映画のようなストーリー展開になりつつあるのではないか。
西勇輝、8回まで投げたことは評価したい。エースとして長いイニングを投げることはとても大事。
・9表。齋藤が開幕大逆転負けの因縁の相手に1イニングを無失点ピッチ。地道に嫌な思い出を塗り替えていこう。
・沢山のお客さん(42,483人)の前で試合が出来た。満員の甲子園球場は見映えが良い。
・引き潮。だいぶ満ちてたから少しくらい引くのはどうってことない。

《反省点》
・2裏。レフト髙山がフライを捕れず。ランニングキャッチでグローブに当てるもこぼしてしまった。グローブに触っているのだから捕らなきゃダメ(私は少年野球の時にそう教わった)。結果、3点目を献上し、流れを完全に相手に渡してしまった。
・6裏。一死2、3塁で中野が良い当たりも浅めセンターライナー、サトテル三邪飛で無得点。悲しい。
・8裏。無死一塁で島田併殺打。そりゃないよ。