阪神タイガース観戦記

このブログは阪神タイガースの試合を私見で振り返るものである。

第105戦 vsヤクルト17回戦【2021.9.7】

阪神甲子園球場
ヤク 113 001 141 12
阪神 000 000 000 0
本 サンタナ10号 村上32号
○奥川6勝3敗 ●青柳10勝3敗
ヤク 奥川、大西、石山
阪神 青柳、馬場、小野、湯浅

◆試合メモ
・今後の日本野球界を背負う偉大なピッチャー奥川から2本もヒットを打った。上出来。
・佐藤輝明、初の欠場。1試合くらいゆっくり休んだ方が良い。
・青柳、またしてもオリンピックピッチング。ここに来て下り坂はしんどい。
・馬場、あっさり追加点を許す。安定感がないなぁ。
・小野、粘れず追加点を許す。私が勝手に設けた「3回続けて無失点なら合格」チャレンジも失敗。スケールダウンした藤浪みたいになっている。
・湯浅、何のプレッシャーもない場面で出てきて失点を許す。単純に力不足。この子もなかなかチャンスを生かせない。そろそろチャンス、もらえなくなっちゃうよ...
・全然打てない。打開するために何かしてやろうという姿勢も伝わってこない。

負ける時はこんなもん。
観に行った人は気の毒だが、テレビで観ている分には割り切れる。